女の人

マンション大規模修繕工事における設計管理方式の費用対効果

迅速な対応が必要

水道

マンションが建てられてから年月が経つと、給水管に赤錆が発生してしまいます。赤錆はどんどん進行してしまうので、早い段階で給水管赤錆対策を行なうことが重要になります。

More...

フロン排出抑制法を知る

男女

業務用冷凍空調機器の管理者は、フロン排出抑制法に定められている内容を遵守しなければなりません。法律に違反すると罰則を受けてしまう可能性があるので注意しましょう。

More...

大規模修繕工事のキホン

男性

マンションの大規模修繕工事は10年から12年に一度行なわれる工事です。大規模修繕工事は時間が経過したことで劣化した外壁塗装や防水、給排水設備、バリアフリー、エレベーターやエントランスといった共用設備部分を新築同様に回復させることを目的として行なわれます。従来の大規模修繕工事では発注者がマンションの管理組合、受注者が工事施工会社というのが基本的な構図でした。しかし最近では大規模修繕コンサルタント会社という第三者を管理組合と工事施工会社との間に介入させ、設計管理と施工を分離させるのが一般的になりつつあります。ちなみに管理組合と工事施工会社のみで工事請負契約を交わすことを責任施工方式、大規模修繕コンサルタント会社を仲介し契約を交わすことを設計管理方式と言います。

大規模修繕コンサルタント会社ではマンションの調査や診断、施工者選定補助、工事の施工管理、アフターサービス指示などを行なってくれます。コンサルタント会社はあくまでも第三者としての目線で、大規模修繕工事を専門的にプロデュースしてくれます。そのためマンション管理組合の負担軽減や工事施工会社を選ぶ際の公正、公平性の維持、費用対効果の向上などに関して高い効果を期待することが出来るのです。マンション大規模修繕工事を行なう際に責任施工方式と管理施工方式のどちらを選択するかは、マンションの管理組合や修繕委員会で話し合われた上で、最終的な判断が下されることになります。

バイオガスとバイオマス

作業員

バイオガス発電やバイオマス発電は地球環境に優しいエコな発電システムになります。両者を同じものとして認識している人が多いですが、実際には多くの違いが存在しています。

More...